くろねこ亭 ニュース

ジブリアニメの海外進出に関するニュース

スポンサーサイト

--年--月--日(--)--時--分

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジブリ新作続報:宮崎監督は6月に中国に??

2005年04月08日(金)23時12分

5日7日の記事の続報です)

4月8日付東南速報は、「我去失了我的小男孩」の作者、易術のインタビューを掲載しました。以下はその抜粋翻訳ですが、中国語を日本語にエキサイト翻訳したものと、中国語から英語に翻訳されたものを参考に訳しているので、正確性は保障できません。また、これはあくまでも易術の発言であって、ジブリサイドからはこの発言を裏付ける発表はまだ何もなされていないことにご留意ください。

記事の要点:スタジオジブリによる「我去失了我的小男孩」は2006年完成予定。易術によると、これは宮崎監督の最後の作品になり、宮崎監督は最終決定をするために6月に中国に来るかもしれない。

Q:なぜ宮崎のスタジオジブリは「我去失了我的小男孩」を選んだと思いますか?

易術:自分が知る限りでは、この本の大変純粋なテーマが彼らの興味をひきつけたのです。この本の序文は猿渡静子さんによるものですが、彼女はこの本を「藍浄の童話」と表現しました。スタジオはこのテーマにとても興味を持っています。さらに、彼らは中国の文化をとても愛しており、宮崎の最後の作品を中国の美で満たしたかったのです。

Q:あなたの作品とジブリのスタイルや理念との共通点は何だと思いますか?

易術:とてもシンプル、これは宮崎駿の一貫したスタイルです:美しく、素晴らしく、励まされる。

Q:スタジオジブリはいつからあなたに接触しているのですか?

易術:昨年10月から予備的な接触がありました。

Q:現在の進展状況は?最終結果はいつ出ますか?

易術:とてもいいです!私たちは表現形式と人物の位置づけの点で深い議論を行いました。6月に宮崎駿は中国に来るかもしれません。これは大きな秘密です!そうしたら、私たちは直接顔をあわせて話し合い、彼の最後の作品「我去失了我的小男孩」について最終的な決定をします。多分6月に世界中のアニメ・漫画ファンに発表できるでしょう。

Q:最後の作品になるとおっしゃいましたが、彼が監督する最後の作品ということですか?

易術:ええ。

Q:ジブリの人たちはどうやってあなたとあなたの本について知ったのですか?

易術:出版社の編集者と私の友人があちらと比較的密接な関係がありました。こうしたことについては、記者会見で詳しく説明できるでしょう。今はあまり話せません。

Q:あなたの作品は宮崎に大きな影響を受けていますか?

易術:宮崎の影響はとても大きいです。彼の作品は知恵と美しさに満ちており、純粋で慎ましい。私は彼の作品に流れる力が好きです。その力は私を捉え、私は感情がコントロールできなくなる。彼には一種の精神があります:「火垂るの墓」の忍耐(訳注:言うまでもなく、「火垂るの墓」は宮崎監督作品ではありません)、「となりのトトロ」の無邪気さ、「もののけ姫」の力強さ、「千と千尋:の持続性……私が自分の読者と自分の心に対していい加減でいられないのは、彼のおかげなのです。

(中略)


歴史教科書問題でアジア各国の日本に対する感情が悪化している中で、このプロジェクトは大変微妙な問題をはらんでいるが、易術は文化に国境はないと述べた。

Q:このような状況で、協力関係に悪影響が出ると思いますか?

易術:そのような感情がこの本の映画化に影響を与えないことを望みます。実際、宮崎は大変素晴らしいアニメ・漫画マスターです。こちらが学ぶ姿勢で私は彼に接触しています。宮崎作品はとても謙虚で、強い反戦メッセージと平和への希望が作品にはあります。彼の作品に注目し、単に彼が日本人だからと言って排斥してしまわないことを望みます。

(後略)


「我去失了我的小男孩」に関しては、こちらで表紙や挿絵を見ることができます。もともとはネット上で発表された5万字足らずのこの物語は、2005年3月に出版された後はベストセラーリストにも入ったとのこと。ストーリーは、友人と暮らしていた米米が心臓病を患い、家出して街で一人で暮らすうちに、少女の妖精(?)や蘭の館の老人に出会うというもの。
スポンサーサイト


トップ

コメント

◆こんにちはby さとし (URL) #-

いつも情報を読ませてもらっています。
ところで、最近出始めたこの中国ものの情報ですが、う~ん・・・という感じです。
例えば、つい最近鈴木P自ら宮さんは引退しないと言っていたのに、その後急にこれがラストの作品になってしまったか疑問です。他にも、今現在複数のジブリ美術館の短編が同時進行で製作されているのに、仮にこれらが全部夏に完成(井上直久さんは宮崎監督の「星を買った日」」は7月完成予定と書いていました)して、直ちにこの作品の製作にとりかかったとして来年完成できるんでしょうか。普通に考えれば夏休み公開ですから製作期間は1年ありません。それと日テレのインタビューでは、宮崎監督と高畑監督の作品、そして洋モノを現在企画準備していると言ってました。宮崎監督のがこの中国ものでさらに洋モノを、ジブリがつくるのかかなり疑問に感じます。もしかして、この答えているひとは勝手にジブリが作る=宮崎作品だと思っているのではと思ってしまいます。契約とかの過程があるわけでそんなことはないとは思いますが。
あっ、もちろんこれについてはジブリから正式な発表がされたわけではないということはわかっていますので。

(すみません、間違ってコメントを削除してしまいましたので、コピーペーストして投稿しなおしました -管理人Aira)

(2005年04月10日 00時13分) 編集

◆by Aira (URL) #-

こんにちは。

この件に関しては上にも書きましたように、あくまでも易氏のコメントなので、誤解等もあるでしょうし、現時点では「こういう話もある」程度に受け取っておくのがベストなのではないかと思います。

この童話の映画化の話が事実だとしても、それが宮崎監督によるものかどうかは、また別の話です。ダイアナ・ウィン・ジョーンズも当初宮崎さんが監督をやると思ってましたし(その後そのとおりになるわけですが)、海外ではジブリ=宮崎監督のイメージが日本よりさらに強いので、仕方がないところはあるのですが。

例えば、香港の「火垂るの墓」のDVDのカバー(http://www.starleaf.net/~airami/hotaru.htm#hk) にはなぜか堂々と「宮崎駿」の文字が(汗)。とはいえ、易氏は「火垂るの墓」と題したウェブコラム ( http://www.99read.com/wenxue/writercolumn.asp?id=14)を持っているぐらいこの作品が好きなようですので、それなのに監督の名前を知らないのだろうか?とは思いますが。(インタビュアーが記事を書くときにごっちゃにしてしまった可能性はありますが)

実は南京朝報の第一報もタイトルは「宮崎駿新作」となっていたのですが、この件に関するニュースでは一貫して「ジブリ新作」というタイトルになっているのは、そういう事情で、本当に宮崎監督の作品になるかどうかわからないからです(それ以前に本当にこれがジブリで映画化されるかどうかもわからないわけですが)

「宮崎監督最後の作品」に関しては、たとえご本人が記者会見でそう言ったとしても、私自身は「あーまた言ってる」で終わりだと思います(笑)

(2005年04月10日 00時15分) 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://airami.blog7.fc2.com/tb.php/19-552be0de

FC2Ad



Powered by FC2 Blog  Template by an-izumi







ブログ内検索

プロフィール

  • 管理人 : Aira

  • ホーム:くろねこ亭

  • アドレス変更になりました
  • RSS
  • 最近の記事

  • 「ポニョ」フランス語記事 (10月15日)
  • インドにおけるジブリ映画 (10月13日)
  • パリで「トトロ」上映 (10月12日)
  • ブラッドフォードで「ハウル」上映 (10月04日)
  • イタリアでの「ポニョ」公開予定 (10月03日)
  • ノルウェーで「ナウシカ」公開 (10月02日)
  • シッチェス映画祭で「ポニョ」上映 (10月02日)
  • イタリアで「ハイジ」と「アン」放映 (10月01日)
  • イスラエルで「ゲド」上映 (10月01日)
  • リオ映画祭で「ポニョ」上映 (09月29日)
  • 過去ログ

  • 2008年10月[9]
  • 2008年09月[35]
  • 2008年08月[2]
  • 2006年09月[1]
  • 2006年08月[4]
  • 2005年12月[3]
  • 2005年11月[13]
  • 2005年10月[7]
  • 2005年09月[5]
  • 2005年07月[4]
  • 2005年06月[15]
  • 2005年05月[13]
  • 2005年04月[25]
  • 2005年03月[5]
  • 2005年02月[4]
  • カテゴリー

  • トトロ[8]
  • 高畑勲[6]
  • その他ジブリ[17]
  • ゲド[2]
  • ハウル[47]
  • 宮崎駿[12]
  • ナウシカ[7]
  • 宮崎アニメ関連記事[10]
  • 千と千尋[5]
  • ポニョ[30]
  • もののけ姫[1]
  • リンク

  • 2005年3月以前のニュース
  • 2004年以前のジブリ関連記事集
  • モバイル用
  • くろねこ亭日々雑感
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。