くろねこ亭 ニュース

ジブリアニメの海外進出に関するニュース

スポンサーサイト

--年--月--日(--)--時--分

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ポニョ記事@AFP

2008年09月01日(月)11時47分

2008年8月31日日付AFPは「ベネチアで大人のための映画は、宮崎のファンタジーアニメーションのために道をあけた」という記事を配信しました。
(サイトで宮崎監督のベネチアでの写真が見られます)


日本のアニメーションの巨匠宮崎駿による子供のためのファンタジーは、ベネチア映画祭で上映された大人のための残酷な心理ドラマとは対照的でよかった。

(ストーリー紹介略)

ディズニーによって1989年に映画化されたハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話「人魚姫」との類似は意図的ではないと宮崎は述べた。

「人魚姫は9歳のときに見ましたので、自分達の文化の一部となっています」と彼は記者会見で述べた。「人間は魂を持っているのに人魚は持っていないことになっているという考えが好きではありませんでした」

また、2004年に東南アジアを襲った津波をほのめかすつもりもなかったと、2003年に「千と千尋の神隠し」で長編アニメーション部門のオスカーを受賞した宮崎は述べた。

「海は来て、また去ります…災害は起こるものだという事を受け入れなくちゃいけません」と彼は述べた。

彼のスタッフの多くには幼い子供がいるが、子供達と海が彼の主要なインスピレーションであったと67歳の宮崎は述べた。

「海はとても複雑だから、描いたら素晴らしいだろうなと思った」と彼は述べ、CGの有用性は認めながらも「やりすぎになることがある」と言った。

「アニメーションには鉛筆と人間の描く手が必要なんです…僕は鉛筆を出来る限り使うつもりです」と宮崎は述べた。

(以下他の映画の批評省略)
スポンサーサイト


トップ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://airami.blog7.fc2.com/tb.php/106-a712ffdc

FC2Ad



Powered by FC2 Blog  Template by an-izumi







ブログ内検索

プロフィール

  • 管理人 : Aira

  • ホーム:くろねこ亭

  • アドレス変更になりました
  • RSS
  • 最近の記事

  • 「ポニョ」フランス語記事 (10月15日)
  • インドにおけるジブリ映画 (10月13日)
  • パリで「トトロ」上映 (10月12日)
  • ブラッドフォードで「ハウル」上映 (10月04日)
  • イタリアでの「ポニョ」公開予定 (10月03日)
  • ノルウェーで「ナウシカ」公開 (10月02日)
  • シッチェス映画祭で「ポニョ」上映 (10月02日)
  • イタリアで「ハイジ」と「アン」放映 (10月01日)
  • イスラエルで「ゲド」上映 (10月01日)
  • リオ映画祭で「ポニョ」上映 (09月29日)
  • 過去ログ

  • 2008年10月[9]
  • 2008年09月[35]
  • 2008年08月[2]
  • 2006年09月[1]
  • 2006年08月[4]
  • 2005年12月[3]
  • 2005年11月[13]
  • 2005年10月[7]
  • 2005年09月[5]
  • 2005年07月[4]
  • 2005年06月[15]
  • 2005年05月[13]
  • 2005年04月[25]
  • 2005年03月[5]
  • 2005年02月[4]
  • カテゴリー

  • トトロ[8]
  • 高畑勲[6]
  • その他ジブリ[17]
  • ゲド[2]
  • ハウル[47]
  • 宮崎駿[12]
  • ナウシカ[7]
  • 宮崎アニメ関連記事[10]
  • 千と千尋[5]
  • ポニョ[30]
  • もののけ姫[1]
  • リンク

  • 2005年3月以前のニュース
  • 2004年以前のジブリ関連記事集
  • モバイル用
  • くろねこ亭日々雑感
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。